雪番長 業界最多更新回数を誇る積雪情報の配信を開始 1日8回更新!いつ見ても新鮮な積雪情報が取得できるのは雪番長のみ!!

20051130001

今年もまた、全国のスノーボーダーの目となり耳となるために「雪番長」の冬がやってくる————。

株式会社スタジオジャパホ(本社=東京都品川区、代表=塚田卓弥)が運営する携帯電話サイトiモード、EZweb、vodafone live! 3キャリア公式のスノーボード専門サイト「雪番長」は、12月5日より2006年ウィンターバージョンのゲレンデ積雪情報の配信をスタートすると発表した。
昨冬、同サイト最多のアクセス数を記録したゲレンデ積雪情報コンテンツは、今年度、ゲレンデ情報・積雪情報・交通情報の3本柱で構成される。

各柱の特徴は以下のとおり。

★ゲレンデ情報
穴場ゲレンデや小規模スキー場を含む全国のスノーボード滑走可能ゲレンデ507箇所の情報を網羅。また、スクールや託児所の詳細などファミリーや初心者にも配慮した施設情報、名産や温泉など周辺地域に密着した情報をなどを配信し、多様化するスノーボード愛好者の多様なニーズに対応する。
また「雪番長」と提携関係を結ぶゲレンデからは、リアルタイムでの現場レポートが配信されたり、携帯電話の画面を見せるだけで使用可能な割引クーポンを発行したりするサービスを提供する。

★積雪情報
天気予報は公式携帯サイトでは最多の1日8回更新される。また併せて天気図も配信されるため、常にリアルタイムな気象情報と積雪情報を取得することができ、利用者が最高のゲレンデコンディションを選択することを可能にしている。
スノーボード愛好者が最もリアルタイムで取得したい情報のひとつである新雪情報を、いち早く利用者に伝えるため、登録したスキー場に降雪があるとパウダー予測メールが配信される機能は多くの利用者から支持を得ている。

★高速道路情報
全国高速道路、首都高速に加えて、2006年度より新たに名古屋高速の道路状況をリアルタイムで提供することが決定した。また、各高速道路の所要時間が表示される機能も12月中旬頃より開始する予定。
スキー場内の情報のみではなく、その行き帰りを含めた全ての情報を包括的にカバーすることにより、利用者がより快適でストレスのないスノーレジャーを楽しめるような環境を作ることを目的とする。

■参照:雪番長解説ページ(web版) → http://yukibancho.japaho.com/yukibancho/