eco-s、雪山を守る活動の一環としてチャリティオークションに参加 自然への感謝と敬意の気持ちを抱き、自分達にできる身近なところから行動を起こしていこう!!

20060419000

私達が「スノーボード」という最高の遊びができるのは、母なる地球とそこに降る雪のおかげと胸に刻んで————。

「スノーボーダーによる雪山の環境活動 eco-s(エコーズ)」は、2006年4月14日~21日の期間にチャリティーオークションを開催する。オークションは、株式会社Yahoo! JAPANが運営するYahoo!チャリティーオークション内で開催され、そのオークション収益は全額エンタテインメントと環境が手を取り合い生まれた基金『GREENSTYLE基金』に寄付される。

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c110829512

出品されているのは、SBN STOREから提供を受けたSBNオリジナルキャップ(マイペキャップ)。

スノーボーダーのためコミュニティサイト SBN snowboardnetworkが提供しているSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)『My page』でつながった仲間がゲレンデで出会ったときに、すぐに仲間を見つけられるように、大切な仲間を想う気持ちを込めて作られた目印代わりのキャップである。左はじにはサインスペースを設け、そこに自分のトレードマークや目印を加えてオリジナルのキャップが作れるように工夫されている。
今回はこのスペースに、若干15歳にして今シーズンのスノーボードシーンを大いに沸かしたプロスノーボーダー「増田塁揮」くんにサインを書いていただいた。

このオークションの売上金は、エンタテインメントと環境が手を取り合い生まれた基金『GREENSTYLE基金』に寄付される。『GREENSTYLE』は、音楽・インターネット・メディアなどの各種ソフト産業で、積極的に環境対策に取り組んできた先駆者たちが、「クールかつポップに地球と共生する生き方を模索すること」をコンセプトにネットワークをつくり、自然環境を守る活動を行っている。

スノーボードというエンタテインメントから環境を考える波動を広げていこうとするeco-sは、エンタテインメントと環境を結びつけ、ネットワークを広げていくというGREENSTYLE基金のスタンスに共感し、またeco-sの活動フィールドである「雪」「山」の元になる「水」「木」が GREENSTYLE基金のテーマになっていることに共通のゴールを見出し、GREENSTYLE基金へ寄付を行う。

※2006年4月19日現在、「雪番長」「SBN」「eco-s」としてオークションに出品している商品は、『プロスノーボーダー増田塁揮のサイン入りキャップ』1件のみです。

■参照:「eco-s」 ウェブサイト → http://eco-s.jp/

雪山と常に身近に接しているスノーボーダー・スキーヤーから発信する雪山の環境活動。eco-sとは「環境について自らの意志で立ち上がり、考え行動する人々の波動」であり、eco(環境)をechos(共感、反響)させていきたいという想いがネーミングに込められている。