World Heli Challengeに「UNTRACKED」クルーとして参加した映像クリエイター藤井智浩が2年連続、最優秀賞を受賞

株式会社スタジオジャパホ(東京都港区 代表:塚田卓弥)が運営するスノーカルチャーWEBマガジン「UNTRACKED(アントラックド)」は、ニュージーランドで開催される「World Heli Challenge」に2012年よりオフィシャルメディアとして参加しています。UNTRACKEDのクルーとして参加した映像クリエイター藤井智浩氏は、同イベント内で開催される「The Canon Shootout」コンテストにおいて、昨年に引き続きドキュメンタリー部門で最優秀賞(The Canon Award for the Best Documentary)を受賞しました。

World Heli Challengeは、ニュージーランドで行われる世界最高峰のエクストリームコンテストの一つです。世界中から実力のあるスキーヤー、スノーボーダーが集結し、ワナカを中心としたバックカントリーを舞台にヘリでアクセスして行われるイベントです。大会は、開催期間中コンディションのよい2日間をフリースタイルDayとエクストリームDayに設定。参加選手は両日のオーバーオールのパフォーマンスによって採点されます。また最終日の ION Showcase Awards Nightでは、大会の結果発表と同時に、Canon Shootout film and photographicの表彰が行われます。これは大会中のアスリートたちをワールドクラスのフィルマーやフォトグラファーが映像に収め、ショートフィルムや写真作品としてエントリーするというもう一つの大会であり、競技と同様に非常にホットなコンテストとなっています。

WHC_fujii

▼受賞作品はこちらからご覧いただけます。
http://worldhelichallenge.com/2013/best-overall-canon-shootout-edit-2013-tomohiro-fujii/

弊社代表の塚田卓弥は、映像クリエイターとして活動していた藤井智浩氏の才能を見いだし、2012年よりWorld Heli Challengeのオフィシャルメディアとして参加することとなったUNTRAKEDのクルーとして、彼の参加をサポートしました。そしてその年のThe Canon Shootoutのドキュメンタリー部門で、最優秀賞を獲得し、映像クリエイターとして大きな一歩を踏み出しました。その後藤井氏は、自らのレーベルである「maddoc」を立ち上げ、リリースされた映像は独特の感性と圧倒的なクオリティで高い評価を得ています。

そして本年も藤井氏はUNTRAKEDクルーとして参加し、昨年に続き2年連続で同賞を受賞。世界中のエクストリームスポーツ界にその名を知らしめました。UNTRACKEDならびに藤井氏の今後の活躍にご期待ください。


UNTRACKEDは、スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツのルーツや本質に迫る、スノーカルチャーWEBマガジン。滑り手や作品を生み出すクリエイター、そしてそれらを生み出すステージにフィーチャーしたこだわりのコンテンツを配信しています。

http://untracked.japaho.com/untracked/

→ PDFデータはこちら